米へのこだわり

皆様に安心安全なお米をお届けするためのこだわり。
土づくり、米づくり、保管、精米。
美味しい笑顔が見たいから、今日も頑張れます。

米づくり

お米はなるべく農薬を使用したくないとの思いから、すべてのお米において低農薬の米づくりを貫いております。
私たちは皆様に安心安全で美味しいお米を食べていただきたいとの思いで米づくりを行っています。

こだわりの品質管理

和多農産には自社の低温倉庫があり、収穫したお米は玄米の状態で保管しています。
低温倉庫は一年を通じて一定の温度(13度前後)に設定しているので、品質の低下を防ぐことができ、より良い品質を保つことができます。

   

こだわりの精米

わたしたちには自社の精米工場があります。精米する直前にその都度、低温倉庫から玄米を出して精米を行っています。
精米には専任の精米技術者がおり、季節やお米の種類によって調整するなどいつでも最適な精米に努めています。
特に梅雨から夏の季節は低温倉庫と気温の温度差があるため、お米が結露してしまい精米の品質低下が懸念されますので、お米を常温に戻してからの精米を心掛けています。
このほか、精米後のお米は小米を取り除き次に色彩選別機で虫食いにより色がついてしまったお米を取り除いてから袋詰めをしております。
より美味しくより安全に食べていただきたいとの思いで精米を行っています。

   

安全を守る検査

安心安全で美味しいお米を目指し以下の検査を行っています。

1.残留農薬検査
和多農産では石川県予防医学協会にて残留農薬検査を実施しています。

 2.放射能検査
残留農薬同様、安全に美味しく食べていただきたいとの思いから放射能検査も実施しています。
 

ページ上部へ戻る